自費診療 of 伊藤循環器内科クリニック|循環器科|内科|大分県佐伯市

大分県佐伯市 伊藤循環器内科クリニック|循環器科|内科|

top2.jpg

jihi.png

慢性疲労、肩こり、肌あれなどでお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。元気が出ないので何か注射をして欲しい、風邪に効く注射は無いかと聞かれることも多くあります。
はっきりとした病気がない場合、保険診療ではそれらの要望にお応えする治療法はありませんが、保険外診療ではたくさんの治療法が存在します。その中で、私自身も受けてみたいと思うものを選び、当院でも提供するようにしました。
以下の注射・点滴療法は疾患の治療ではなく日々の体調維持、疾患の予防を主な目的としているため、保険外(自費)でのお取り扱いとなりますことをご理解願います。

これらの点滴は主に都市部のクリニックで広く行われているものです。できるだけたくさんの方に受けて頂けるように当院では料金設定を低く抑えました。是非ご体験ください。

高濃度ビタミンC点滴療法

ビタミンCの働きについて

美肌効果

Ⅰ.コラーゲン生成作用
ビタミンCはアミノ酸からコラーゲンをつくります。コラーゲンは細胞と細胞を結び付けるタンパク質で皮膚をはじめ血管、骨、筋肉などに存在します。ビタミンCは皮膚の弾力性を保ち、ハリのあるみずみずしいお肌にします。   

Ⅱ.抗酸化作用
紫外線を浴びると皮膚の細胞内に活性酸素(悪玉)が発生します。それの酸化作用によりメラニン色素が過剰に作りだされ肌のしみにつながります。また活性酸素はコラーゲンを傷つけ皮膚は弾力性を失いしわの原因になります。ビタミンCは活性酸素から自らが酸化 されることによりメラニン産生やコラーゲンの劣化を防ぎます。ビタミンCの抗酸化作用は疲労回復効果もたらします。

免疫力を高める

ビタミンCは免疫機能を担う白血球の1つ好中球の活性維持や増強に関与します。 白血球には血中の80倍の濃度のビタミンCが存在していて、大量のビタミンCの投与は白血球の免疫機能を高めます。またビタミンCのコラーゲン産生作用が鼻やのどの粘膜も丈夫にし風邪をひきにくくすることにつながります。

がん細胞の発現を抑える

人はだれでも細胞分裂を繰り返し、中には突然変異した細胞が出現します。ビタミンCはリンパ球やマクロファージといった免疫細胞の機能を高め、変異した細胞のがん化を防ぎます。また肉、野菜、魚などに含まれるニトロソアミンという物質が胃酸と反応して発がん物質が作られるのをビタミンCが防ぎます。

抗がん作用

がん細胞に対して抗ガン剤として働きます。血液中のビタミンCが高濃度になると過酸化水素が発生します。この過酸化水素は正常な細胞に影響を与えずに、がん細胞だけに強い障害を与えがんの縮小効果があります。副作用のない抗がん剤と言えます。脳腫瘍、肺がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、膀胱がん、腎臓がん、乳がん、前立腺がん、卵巣がん、子宮がん、悪性リンパ腫、白血病、その他多くのがんに効果があると言われています。ビタミンC点滴のがんに対する効果には個人差があります。

なぜ高濃度ビタミンC点滴なのか?

このようにビタミンCの作用はいいことずくめでかつ副作用がありません。なるべくたくさんのビタミンCを体内に取り入れるべきです。内服薬としてのビタミンCは通常750mgから多くても2000mgが投与されます。ビタミンCは腸管から吸収されにくくこれ以上内服量を増やしても血中ビタミンC濃度は上昇しません。しかし上記のような効果を求めるためにはどうしてもビタミンC濃度を通常の何十倍にも上げる必要があります。高濃度ビタミンC点滴はビタミンC25g(25.000mg)を血中に投与するので血中濃度を20~40倍に増やします。短時間で血中濃度を大幅に上昇させて必要とされる組織に浸み渡らせることが重要です。ちなみに人は風邪をひいて熱を出したり、炎症で体の局所が腫れたり、日焼けで体がほてったりしている状況下では体内のビタミンCが消費されて血中ビタミンC濃度はほぼゼロになると考えられています。また喫煙者は非喫煙者と比べ血中ビタミンC濃度は40%も低下しています。

高濃度ビタミンCは以下のような方にお勧めです

LinkIcon最近シミが気になる
LinkIconお肌に透明感が欲しい
LinkIcon最近お肌の弾力がなくなった
LinkIcon外にいることが多い
LinkIcon日焼けをしてしまった
LinkIcon髪にコシ・ツヤがなくなった
LinkIconニキビや肌荒れに悩んでいる
LinkIconアトピーを改善したい
LinkIcon歯周病が心配
LinkIcon風邪をよくひく
LinkIconインフルエンザの予防
LinkIcon免疫低下を感じる
LinkIconストレスを溜めやすい
LinkIconタバコをたくさん吸う

当院ではがんに関しては以下のようなケースの方にお勧めしています

  1. 手術後の化学療法や放射線療法中の方
  2. 治療が終了して経過観察中の方
  3. 手術予定だが手術までに日数があり待ち状態の方
  4. 腫瘍マーカー(PSAやCEAなど)は正常範囲だが高めで推移している方
  5. がん家系でがんを予防したい方

ビタミンC点滴療法の禁忌

LinkIconG6PD欠損症
LinkIcon心不全が増悪している方
LinkIcon高度の腎機能障害のある方

※G6PD欠損症
G6PD欠損症とは赤血球の機能を保つための酵素であるG6PDが先天的 に欠損した遺伝疾患です。この患者さんに高濃度ビタミンC点滴療法をおこなうと、溶血性貧血を起こします。日本人では0.1%~0.5%(1000人に1人から5人)と非常にまれな病気ですが、過去にG6PD欠損症と診断されたという方はお申し出ください。

高濃度ビタミンC点滴療法の流れ

1. 初診時はお電話でビタミンC点滴を受けたい旨、ご予約ください。

2. 初診時は問診、全身状態のチェック(診察と採血)の後、ビタミンC点滴を行います。

料金(税抜き)

初診時 全身状態のチェックのための採血 2,000円

初診時のみ初診料 1,500円
※再診料はかかりません。

かかりつけの方は上記無料です。

高濃度ビタミンC点滴25g 10,000円(約50分)
2回目以降 高濃度ビタミンC点滴25g 10,000円(約50分)
※月に1回~2回の点滴をお勧めします。

aaaaa.jpg当院の高濃度ビタミンC点滴は、外国(Mylan社)製の防腐剤の入っていない、安全なビタミンC注射薬(1本25g)を使います。
またビタミンC注射薬は温度に不安定なため、アイルランドの工場からクリニックまで2〜8℃の冷蔵状態で届きます。

マイヤーズカクテル点滴

人間に必要な栄養素であるビタミンやミネラルを点滴投与し、それらの血中濃度を急速に上昇させることにより薬理学的な効果を期待します。具体的にはビタミンB1,2,3,5,6,12、C、カルシウム、マグネシウムを配合します。米国ボルティモアの開業医、ジョン・マイヤーズ医師が慢性疲労、うつ病などの患者をビタミンやミネラルの点滴で治療することを考案し、以後50年に渡って米国の家庭医で施行されている標準的な点滴です。ビタミンやミネラルの配分量はアレンジされ現在の形になりました。今や全米で10000人以上の医師がマイヤーズカクテルを治療に取り入れています。

カクテルのビタミン、ミネラルのはたらき

ビタミンB群:エネルギーの供給や老廃物の代謝に働き、どれが欠けても疲れやすくなる。
ビタミンC:ヒスタミンを分解しアレルギー疾患に有効。
カルシウム:精神の安定をはかる、筋肉や心臓の働きに関与、脳に信号を送る。
マグネシウム:筋肉痛を緩和する、疲労回復を手助けする、イライラを解消する。

以下のような方にお勧めです

LinkIcon疲れやすい(仕事が夜遅くまで忙しく、少しでも体が疲れないようにしたい方)
LinkIcon風邪のひき始め
LinkIconこむら返りが起こりやすい
LinkIcon線維筋痛症
LinkIcon偏頭痛
LinkIconアレルギー性鼻炎
LinkIcon慢性蕁麻疹
LinkIcon気管支喘息

料金(税抜き)

マイヤーズ点滴 5,000円(約30分)

初診時は全身状態のチェックのための採血2,000円と初診料1,500円がかかります(かかりつけの方は無料)。
再診料はかかりません。
1~2週間に一回の頻度で、4~8回位続けることをおすすめします。

ビタミンB(にんにく)注射(ビタミンB1.2.6.12含有 静脈注射)

注射の主成分であるビタミンB1が血流にのって鼻粘膜を通過するとき、にんにく臭を感じるのでにんにく注射と言われています。ビタミンB1は糖の分解を促進してエネルギー産生を助け、筋肉に貯まる疲労物質である乳酸を除去するため不足すると疲労しやすく集中力が低下します。ビタミンB1を強化したストロングにんにく注射もあります。

以下のような方にお勧めです

LinkIcon仕事やスポーツ後の疲労
LinkIcon慢性疲労
LinkIcon慢性肩こり
LinkIcon体がだるく疲れやすい方
LinkIconイライラしやすい方
LinkIcon夏バテ防止
LinkIcon二日酔い

料金(税抜き)

にんにく注射 2,000円(約5分)
ストロングにんにく注射 2,500円(約5分)

初診の方は初診料1500円がかかります。
疲れた時にいつでも、頻度としては週に1~2回をおすすめします。

content.gif

menu01.gifmenu01.gif

menu03.gifmenu03.gif

menu4.gifmenu4.gif

me1.png

menu05.gifmenu05.gif